債務整理にも様々な方法があります

 

借金の返済が厳しくなると、返済のためのお金を用意するためにさらに借金を増やしてしまう場合もあります。

こうした一時的な対策では借金問題は解決できませんし、その後の返済はより厳しくなってしまいます。

今後も順調な返済が難しいのであれば債務整理で解決していく方法も考えてみましょう。

債務整理にも様々な方法があり、自己破産は借金を免除してもらう手続きとしてよく知られています。

でも、この方法もメリットばかりではありません。

借金がなくなる代わりに大切な財産を手放すことになりますし、職業によっては一時的にとはいえ、仕事や資格を失う場合もあり、それなりのリスクも発生するものです。

安定した収入を得ている人なら他の方法も考えていきましょう。

安定した収入を得ている人に良く選ばれている借金返済方法に任意整理があります。

この場合は裁判所を通さず直接債権者と交渉し、借金の返済をより楽にしていく方法です。

取引時にさかのぼって利息の再計算を行い借金の総額を減額していきます。

過払い金がある場合はそれを取り戻すこともできますし、任意整理後は将来の利息はカットされるのもメリットと言えるでしょう。

住宅を持っている場合は、できるだけ手放さずに借金を整理できることが理想ですが、そうした場合は個人再生という方法もあります。

この場合、住宅ローンはそのままで、それ以外の負債を圧縮して返済を楽にするという方法です。

この場合は高価な財産がある場合もそれを処分せずに借金を整理することができますし、職業の制限などもありませんので、職業の関係などで自己破産できない場合にも向いている方法です。

債務整理の際に絶対に確認すること

 

債務整理を行う場合、最も重要なことは、弁護士や司法書士を通す上で借入を残らずに報告することです。

自分が借りている借金の場合、保証人を別に立てている時は自分が払わないということになると請求は保証人の元へいきます。

あらかじめそう言った経緯も含めて、弁護士さんや司法書士に話しておくことで他人へのトラブルも回避できます。

カードローンや消費者金融への借り入れの場合は、支払いがATMを通すことがほとんどなのでまず問題がありません。

ですが、クレジットカードの支払いの場合は返済方法などに口座振替を行っている場合がほとんどになります。

こういった場合は、債務整理を行う時期によっては、銀行上の手続きが間に合わずに引き落としが実行される場合があるので注意が必要です。

銀行からのローン契約を債務整理する場合は、かなりの注意が必要です。

これは、自分の口座の持っている銀行のカードローンの場合は、銀行側が自分の口座を凍結させて差し押さえの条件にしてしまうからです。

そうなると、預金の引き出しだけではなく公共料金の支払いなど様々な所に弊害が出てしまいます。

なので、代わりの口座を用意しておくなどの必要が出てきます。

ただし、全ての条件で借り入れが得になるのかというとメリットにならない場合も多くあります。

担保ローンの場合は実行すると担保で相殺されてしまいデメリットになる場合もあります。

また、完済まで近い場合は整理できた利率よりも手数料の方が高い時もあるので、前もって考えていく必要もあります。

参考サイト

 
  • 債務整理の相談なら・・・任意整理は裁判所を通さない最も穏やかな借金返済方法として人気が高いです。